犬と猫では、トイレの仕方が違うようですね。まず、ひとつ言えるのは基本的には同じトイレではないと言うことですね。犬はトイレの後は、何もしません。猫は、トイレの後に砂をかけますよね。これは臭いを消していると言います。市販されているペット用のトイレでは、猫用は砂が添付されています。

もちろん、猫用のトイレでも犬ができない訳ではありませんよ。犬にとっては砂があってもなくても構わないと言うことですね。価格は同じくらいになります。実際に猫用のトイレを犬に使っている人もいるくらいです。特に支障はないと思います。でも、砂で遊ぶ犬がいます。

土を掘り、自分の宝物を埋めてしまう習性があります。これはしつけで治る事はありません。犬には、人間の数倍の嗅覚があると言います。ですから、掃除をしたくらいでは、臭いは消えないと言うことですね。特に部屋のカーペットなどの臭いはずっと残ってしまいます。一度でもおしっこをかけられたものはクリーニングに出さなければいけなくなります。

あなたの犬はどんな様子ですか?おしっこをしたくなった犬は様子を見ると分かります。そんな時、トイレのしつけをすると効果的ですよ。それにはまずトイレの場所をしっかりと教えてください。それは犬を飼っている人の楽しみでもあります。

関連ページ