家庭用インターネット回線

現在家庭用インターネット回線で、主流となっているのが光ファイバー回線、ADSL回線、モバイル回線、ケーブルテレビ回線などがあげられます。それぞれのインターネット回線に特徴があり、通信速度を重視するならば、理論値100M以上の光ファイバー回線がお勧めで、各社から配信されているネット動画の視聴やオンラインゲーム、音楽配信のダウンロードなどに威力をはっきします。通信料金(月額料金など)を抑えたいという方にはADSL回線がお勧めで、開通工事が簡単で、NTTの回線があれば地域、建物を選ばず利用可能な回線タイプです。ただし、NTT基地局との距離により動作が不安定になることや、光ファイバー回線にくらべ、容量の大きな動画はカクカクとなったりします。回線速度は速いもので50Mと光回線の遅いものの半分ぐらいです。場所を選ばず、携帯端末などでネットが出来るのがモバイル回線です。外出先でネットが必要なかたなどにお勧めです。速度は一般的に速いもので40Mくらいです。安定した速度を希望される方はケーブルテレビ回線がお勧めです。速度はだいたい160Mくらいで安定したネットが楽しめますし、ケーブルテレビに既に加入されている方なら、プロバイダーが必要無いのが特徴です。ただし、回線速度は色々な条件下で変化いたしますから、上記回線速度はおおよその目安として見てください。

インターネットにおいて、最大限に利用するための最も重要な要素のひとつとして、基本的なことではありますが「ネット回線」そのものをしっかりと考える必要があります

引用ネット回線おすすめランキング 【安いネット回線契約のコツ】