消費者金融規制緩和の狙いとは?

消費者金融規制緩和に向けて議論がなされていますね。
2014年4月の段階では、審査を受けて通った業者には、29.
2%の利率を認めるとか、総量規制をかけないと言った内容が出てきているようです。
2010年の貸金業法改正で、金利が15%〜20%以下としたときに、高金利が違法とされて過払い金請求が出来るようになり、多くの人が救われました。
けれども、その分消費者金融の体力が奪われて、破綻する業者も出ましたし、総量規制によって中小零細企業や個人事業主が受けられる融資の選択肢が狭まってしまい、苦慮する状況が起きてきました。
消費者金融規制緩和を行うことは、中小零細企業や個人事業主が資金を得やすくして、経済活性化に役立てようと言う狙いがあるのです
総量規制の適用対象外