髪染め種類とは

髪染めと一口にいっても、その中には幾つもの種類があります。
まず最初に分かれるのが、白髪染め用のものと、ファッション用のものです。
白髪染めは中高年で主に利用されるもので、文字通り白髪を隠す、目立たなくすることを主眼にしています。
ファッション用の髪染めは、主に青年~中年層で利用されています。
こちらは元の髪色である黒色を脱色する必要がありますので、漂白剤を含むヘアカラー、ブリーチタイプが変わらず主流であるようです。
また、髪染めはその薬剤の性状によっても分類できます。
スタンダードなのが液状タイプでしょう。
部分染めなどに向いたタイプとしては、クリームタイプや泡状タイプもあります。
さらに短期的な髪染め用として、吹き掛けるだけで使用できるヘアカラースプレーというタイプもあります。